CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Peaceman WonderLand

かむあそうトライブスのタンバリン担当・山小屋カフェ『山なんや』管理人・PeacemanRecordオーナー じゅうさんマンの独り言。
<< 瓦礫の受け入れ。。 | main | 4/14のチケットは完売で〜〜〜す!! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - |
    どういうこと??
    0
       あら?

      昨日ブログに書いた事にリンクする〜〜。。

      大野町長ら、がれき仮置き場視察

       東日本大震災で発生したがれきの処理問題で、西濃と岐阜地域の三市七町でつくる西濃環境整備組合(大野町)管理者の宇佐美晃三大野町長や副管理者の堀孝正瑞穂市長らが四日、宮城県石巻市を訪れ、同県が建設中の災害廃棄物処理施設などを視察した。

       同組合は、がれきの受け入れに関する県の調査に「受け入れるかどうかは分からないが、検討する用意がある」と回答。視察は「検討前に現地の状況を確かめたい」という堀市長の要望で実現した。がれき問題をめぐって県内の首長が現地を視察したのは初めてとみられる。

       一行は石巻市の日和山(高さ五六メートル)から海岸付近を見た後、災害廃棄物処理施設の焼却施設、高さ二十メートルに積み上がったがれきが数十メートルにわたって広がる仮置き場などを視察。宇佐美町長が、受け入れに協力したい気持ちはあるものの自前の最終処分場を持たないことを話したのに対し、同行した宮城県職員は「国で用意してもらえるとありがたい」と答えていた。

       宇佐美町長は「(視察は)参考になった」と話し、今後、この結果を踏まえて組合内で協議していく。

       (加藤拓)

      ん〜〜〜〜

      考える〜〜〜

      どうなるんだろうか??

      わから〜〜ん?



      | ひとりごと。。 | 23:57 | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 23:57 | - | - | - |